ラジオのFMアンテナ

2015年02月21日掲載

昨年の2月といえば、関東甲信で2週続けての記録的な大雪に見舞われて多大な被害が発生していました。今年の鎌ケ谷はまだ除雪するほどの降雪になっていませんね、スコップも長靴も新調して除雪に備えていたのですが。

当院の診療室はBGMとして受付に置いてあるミニコンポからbayfm78を流しています。診療室はマンションの1Fにあり、コンクリに囲まれた室内では受信が不安定でした。インターネットラジオにしようか悩みましたが、意外と簡単な方法でクリアな音声を得ることが出来ました。それは、テレビへ接続している同軸ケーブルをコンポのFMアンテナ端子に接続するという方法。簡単ですよ!大抵、簡易型アンテナとかいう1m位のケーブルが1本付属しているだけ。取扱説明書にはうまく受信できない場合はFM屋外アンテナを設置して下さいとしか書いてません。知っていました?だまされたと思ってやってみてください!AMは…知りません。 変更してから「最近、ラジオ綺麗に受信してるけど…どうして?」と患者さんからよく質問されます。

追伸。方法は書くと簡単ですが、実際はテナント部分に入ってきているテレビのアンテナからの配線を屋根裏でぶった切り、2分配器を設置して配線を分け、受付まで同軸ケーブルを取り廻す…。自分でやるのは結構面倒でした。

接続方法を図入りで詳しく説明してくれているケーブルテレビイッツコムさんのページです。http://www.itscom.net/support/setup/cabletv/fm.html

(N.M. 記)

Copyright© 2020 公益社団法人 船橋歯科医師会 All Rights Reserved.