昭和の火

2016年02月02日掲載

ゲゲゲの鬼太郎、水木しげるさんが亡くなった。昭和の火がまた一つ消えた。

今年は申年。「悪いことが去る」や「病が去る」などいいことや幸せがやってくるという年とする一説がある。申年の新年を祝う初詣に最近の神社は見た目がきれい。よく見るとしめ縄が藁に似たビニール。紙垂(しで)は白いプラスチック。日が当たると確かにきれいに輝く。きれいであるのはいいが、本来持っている古来の意味合いは何でもいいのか、気持ちは大変複雑になる。

伝統も消えていく日本。

(N.T.記)

Copyright© 2020 公益社団法人 船橋歯科医師会 All Rights Reserved.