「広報かまがや」健康だより欄に「むし歯になりやすい飲み物って?」が掲載されました

2011年12月15日掲載

さわやかなのどごしの炭酸飲料は、実は酸性度がpH 2.5とかなり酸性の強い飲料水です。身体によいとされるスポーツドリンクはどうでしょう?スポーツドリンクのpHは3と意外に酸性が強く、リンゴやオレンジ、お酢などと同じ酸性度です。歯のエナメル質中のカルシウムが溶け出すpHは5.4~5.6です。これを下回るとカルシウムが溶け出し、むし歯になりやすくなり、また歯の表面をざらざらにしてしまうため着色しやすくなります。通常は唾液が口の中を中性に戻しますが、それには少なくとも45分は必要です。つまりだらだらとスポーツドリンクを飲んでいるとpHが中性に戻る時間がなく、むし歯ができやすくなります。もし飲む時には、時間を決めて飲むか、間隔を1時間以上空けて飲むとよいでしょう。もちろん、うがいや歯磨きも効果があります。酸性の食品は疲労回復や熱がある時の水分補給など、体に良い面もありますが、歯の健康のためには気をつけて摂取する必要があります。酸性飲料で溶け出してしまった歯の表面は定期的に歯科医院でクリーニングやフッ素塗布で歯の表面を強化してもらいましょう。

Copyright© 2020 公益社団法人 船橋歯科医師会 All Rights Reserved.