Do you like WASHOKU?

2013年12月31日掲載

2013年も大詰めです。

年末にユネスコにより「和食」が無形文化遺産に登録されました。「自然尊重の体現」が評価されたそうですが、ここにきてそれだけではないことがわかってきました。日本食の「旨味」が認知症症状の改善に役立つらしいのです。旨味成分を含む食事を食べる→胃で感知→脳の消化スウィッチが入る→消化液分泌アップ、という回路が出来、この脳のスウィッチが食事のたびに入ることにより3か月程度で表情、言葉、姿勢の改善がみられるということだそうで、驚きです。しかし、昨日の私の食事は、朝―パン・コーヒー・ヨーグルト、昼―トマトパスタ、夜―麻婆豆腐という全く何処の国の人かわからないメニュー。現代の日本人は毎日和食を食べるという生活は難しいようです。毎年お正月には義母手作り、日本人の伝統的食文化である「おせち」を戴きます。お雑煮を含め、だし=旨味成分たっぷりの食事で認知症予防してきます!というより、体重増加してきます!

ウマ年も広報委員会をよろしくお願い申し上げます。                                (M.K. 記)

 

静岡市清水の義母手作りおせち完成。嫁(私)は入れただけ。年越しそば・左側は桜えびのかきあげ

 

 

Copyright© 2020 公益社団法人 船橋歯科医師会 All Rights Reserved.