「船橋歯科医師会」と言って認識されますか?

2013年06月22日掲載

ジメジメしたこの季節、すでに新広報委員会はMAXで活動を始めております。

さて、「広報理事」という役目を仰せつかりながら、未だに「IT」関係には 手こずっている私です。 先日、いつも治療にいらしている熟年の患者さんが「自分の発音が悪いのは 前歯の歯並びのせいではないか」と、人生70数年を経て唐突に言われるので、 よくよく聞いてみると声で反応するスマホに何度も「尾瀬(オゼ)」と言って も、「盲女(ゴゼ)」、「保全(ホゼン)」、「逢瀬(オウセ)」・・・と、なか なか「尾瀬」のページに辿り着かなかったようで、かなりがっかりしたそう です。 便利だと思っていたものが、いつも便利とは限らず、かえって不便でイライラ を募らせる基にもなるということですね。私が聞いても患者さんの発音、滑舌 には全く問題なく、しかし、その説明はかなり難しいものでした。私にとって は、このスマホはかなり都合の悪い不便利グッズといえますが、それにしても プッシュボタン式携帯使用の私などに比べ、今現在の70代の方々は好奇心旺盛 で新しいものに挑戦し、大変若々しいです。我が歯科医師会HPも是非、その スマホで閲覧して頂きたいものです。                             (M.K.記)

Copyright© 2020 公益社団法人 船橋歯科医師会 All Rights Reserved.