今が旬の「金柑」

2018年03月10日掲載

梅の名所では各地で見ごろを迎え、ひと足早い春の訪れを感じる季節となりました。

この時期の旬の食材といえば、スーパーなどでも見かけるようになった「金柑」ですが、デザートとして楽しめるだけでなく、健康への効果も期待できます!

小さく、果皮にも甘みがあるため、丸ごと食べられることが特徴です。おせち料理に入れられることの多い甘露煮は、「金冠」と当てて、より暮らしが豊かになるように、という願いが込められているそうです。

皮ごと食べるという特徴のためか、他の果物と比較するとビタミンEや脂肪酸、カルシウムなどが豊富で、強い抗酸化作用があり「肝機能障害」「骨粗鬆症」「(喫煙・ 飲酒等による)酸化ストレス」などの予防に役立ちます。

表皮のキメが細かく滑らかで、色艶の良いもの、さらにヘタが枯れていないものを選ぶと良いと言われています。また、保存は冷蔵庫の野菜室が適しています。ビニール袋などに入れ保存すれば、2週間ほどもつそうです。

お酒を飲む方にもお勧めの金柑。度重なる新年会などで最近飲み過ぎたな、という方は、旬の金柑をぜひ毎日の食卓に取り入れてみて下さい。

 

                          ( A . H 記)

Copyright© 2018 公益社団法人 船橋歯科医師会 All Rights Reserved.