「広報かまがや」の“健康だより”にコラムを掲載しています

2016年06月21日掲載

「広報かまがや」6月15日号に、(公社)船橋歯科医師会から鎌ケ谷市民の皆様に向けたコラムを掲載しています。このコラムは年に2回(6月15日号と12月15日号)掲載していますので、是非ご覧ください。

「唾液の働きご存知ですか」

唾液の役割って、知られているようで知られていないもの。唾液は人の体を守るために、大切な働きを担っています。そもそも唾液は90%以上が水分で、その他タンパク質、リン・カルシウムなどの無機質でできています。頬の内側と舌の裏にある主に耳下腺・顎下腺・舌下腺と呼ばれる唾液腺から口の中に分泌されるのです。この唾液には、咀嚼(そしゃく)や嚥下(えんげ)を円滑にしたり、消化を助けたり、外部から体に入る細菌を防ぐ作用があります。また、歯についた汚れを洗い流したり、溶けだした歯の修復をおこなったり他にも多くの役割があるのです。その唾液の量は、加齢やストレス、薬の副作用などで減少することがありますが、これにより健康に悪影響を及ぼしたり、口臭の原因にもなります。唾液の分泌を促すためには、食事の際に良く噛むこと、舌を動かす運動をしたり唾液腺を適度にマッサージすることなどをお勧めしますが、唾液が少ない感じがする方は一度歯科医院に相談してみて下さい。

(公社)船橋歯科医師会

 

「広報かまがや」の最新号及びバックナンバーは、PDF形式でいつでもご覧いただけます。 ↓ 詳しくはこちら ↓

https://www.city.kamagaya.chiba.jp/kouhou/20160615.pdf

 

Copyright© 2018 公益社団法人 船橋歯科医師会 All Rights Reserved.